ピリ辛豆腐

ピリ辛豆腐

私はよく、料理として豆腐を使うことがあります。
その時、鍋に利用したり、豆腐を味噌汁に入れたりして、いつも大体同じようなメニューとなっていることがあります。

 

そのため、その健康に良いとされる豆腐を、飽きることなく食べることができるように、考えてつくることにしました。

 

その一つとして、ビリから豆腐があります。私の家族は、パンチのあるオカズを好んで食べているので、豆腐の淡白な味よりも、パンチのあるピリ辛がいいと思っているのです。
そしてそのピリ辛豆腐の中には、色々な香辛料を入れています。その豆腐をつくる時には、自分でアレンジした香辛料と、市販の香辛料をミックスしてつくることにしているのです。
そしてそうすることによって、オリジナルの家庭の味をつくることができます。

 

しかし、そのように作っていると、この前失敗をしてしまいました。それは、香辛料を入れすぎてしまったのです。
そのことから、ピリ辛を通り越して、食べた時に舌が痛いと感じるほどとなっていたのでした。その料理については、流石に全て食べることができずに、残念ながら捨ててしまったことでした。

 

そんなことから、なれない料理をつくる時には、ある程度考えてつくる必要があると、反省しています。